腰痛について

腰痛は揉んでもなおりません!!

腰痛は押したり揉んだりしても、決してなおりません!

 

むしろ悪化させるケースも少なくありません。

なぜなら、押したり揉んだりする行為は筋肉を歪めたり、傷つけたりするからです。

 

 

そもそも、腰は結果的に痛みを起こしているだけであり、そこに「原因」はありません。

 

腰痛の本当の「原因」は腰とは別の箇所にあることがほとんどです。

 

足の歪みやおなかの歪みが原因で腰痛が起きているケースは当院にご来院される方のなかにもたくさんいらっしゃいます。

 

からだは全身でバランスを取っているので、どこか一部が歪むと、そのバランスを取る為、必ず他の箇所にも歪みが出来て、負担が掛かるようになっているのです。

 

例えば、図のように足首が歪み、その結果として腰痛が発症している場合、

 

・足首が歪む【原因】

   ↓

・そのバランスを取る為、腰に歪みが出来る

   ↓

・腰に負担が掛かり、腰痛【結果】

 

簡単に言うと、こうなります。

 

もちろん、足首の歪みが即腰痛につながるわけではありません。

足首が歪んだことにより、腰にも歪みが出来、その状態で力仕事をしたり、長時間デスクワークしたりという“きっかけ”があって腰痛は発症します。

 

この場合、なおさなければならないのはもちろん腰痛の「原因」である足首です。

 

それなのに、「結果」として痛みの出ているだけの腰をいくら施術しても、根本から改善されるはずがありません。

 

腰痛を根本から改善させるには、その本当の「原因」を見極め、なおしていく以外にはないのです。

 

他にも様々な箇所の歪みが原因で腰痛は起きています。

当院では、その「原因」を見極めて、腰痛を根本から改善させる施術にこだわっています。

 

腰痛の「原因」となる日常生活の『癖』

腰痛の「原因」となるからだの歪みをつくっているのはほとんどが日常生活の『癖』です。

からだは圧力が掛かると、歪んでいきます。

先程の例に挙げた足首の歪みは写真のような座り方が原因になっていることがほとんどです。

足首を交差して組むことで左右とも圧迫し合っている箇所が歪んできます。

 

「えっ!こんなことで!!??」

 

と思われる方も少なくないと思いますが、日常生活で当たり前になっているささいな『癖』が歪みのもととなっているのです。

その他の腰痛になりやすい『癖』です。圧迫している箇所や重なり合っている箇所に歪みが出来ます。


挙げればキリがありませんが、これら以外にも様々な『癖』が腰痛の原因になります。

 

また、『癖』以外にも、『衣類』による歪みも腰痛の原因になります。

 

特に写真のようなおなかの食い込みは腹部の筋肉、内臓を歪ませます。

サイズの合っていないズボンや下着、またベルトのバックルなどの圧迫が腹部の歪みの原因となり、結果として腰痛を招くだけでなく、便秘や大腸の病気、婦人科系疾患の原因にもなります。

 

腰痛の本当の「原因」となっているからだの歪みを整え、それを引き起こしてる『癖』や『衣類』を改善していくことが、あなたの腰痛を根本から改善していく一番の近道です!

 

腰痛でお悩みの方は是非一度ご相談ください。