膝痛について

膝痛の「原因」とは?

膝の痛みでお悩みの方、結構多いですよね。

 

整形外科でお医者さんに診てもらって、「老化です。」とか「軟骨がすり減っているのが原因です。」とか言われて、あきらめてしまっている方もいらっしゃると思います。

 

でも、安心してください。

 

老化や軟骨がすり減っていることが、膝痛の原因ではありません。

膝の痛みはからだの歪みが「原因」です。膝周辺の骨が歪んでるケースもありますし、下の写真のように膝とは一見関係のない箇所の歪みが膝に負担を掛けているケースも多くあります。

この方は写真で分かる足首の歪み以外に、前面の鼠径部にも歪みがあり、それにより下肢が捻じれたような状態になっており、結果として膝に負担を掛けていました。

 

このような方はたくさんいらっっしゃいます。

AFTER写真のように足首と鼠径部の歪みをなおし、下肢の捻じれがなくなれば、膝の負担もなくなります。

 

病院や接骨院に行けば、たぶん患部の膝に電気をかけたり、痛み止めの薬や注射といった治療でしょう。それで良くなるはずがありません。

 

当院では全身のバランスを診て、なぜ膝に負担が掛かっているのかを見極め、本当の原因箇所を直していきます。

 

膝痛を引き起こす日常生活の『癖』

からだは圧力が掛かると歪みます。(どんなときに歪むのか?も参考にしてください。)

そして、膝痛を引き起こす歪みは日常生活の『癖』が「原因」になっていることがほとんどです。


ここに挙げた例以外にも様々な『癖』が膝痛の原因になっています。決して老化が原因ではありませんので、諦めずに是非一度ご相談ください。

コロナウイルスに細心の注意を払っています。

上の動画では、コロナウイルスから自分を守る為に出来ることをお話しさせて頂いています。是非ご覧ください。